エコルマ・アンサンブルコンサートvol.9


エコルマ・アンサンブルコンサートvol.9

*画像をクリックすると拡大します。

レスパス弦楽四重奏団 with 若林顕

狛江ゆかりの演奏家を中心としたエコルマ・アンサンブルコンサート。
今回は狛江出身で、平成25年度エコルマホール新人・若手アーティストに対する文化芸術活動支援対象者の
ヴァイオリン奏者・小形響がメンバーであるレスパス弦楽四重奏団を取り上げます。
2011年に結成、14年にサントリーホール室内楽アカデミー第3期フェローカルテットに選ばれ、
全国各地で演奏会や学校へのアウトリーチ活動を行っています。
今回、彼らが室内楽の指導を受け、尊敬する名ピアニスト、若林顕を迎え、ブラームス青年期の名作ほかを共演します。

出演
レスパス弦楽四重奏団(1st Vn:鍵冨弦太郎 2nd Vn:小形響 Va:福井萌 Vc:湯原拓哉)
若林 顕/ピアノ

曲目
ブラームス:ピアノ五重奏曲ヘ短調op.34  モーツァルト:ディベルティメント K138
ボロディン:弦楽四重奏曲 第2番 リスト:バラード第2番(ピアノ・ソロ)

◆コンサートに寄せて   小形 響(レスパス弦楽四重奏団・第2ヴァイオリン)
五小、四中と狛江で過ごしたころから、音を合わせることが好きでした。音楽教室での弦合奏、合唱部での混声合唱。
そして、今、究極の合奏に取り組む仲間がレスパス弦楽四重奏団です。エコルマホールの舞台に立ち、
自分たちの演奏会を行うことは夢の一つでしたので、この4人で演奏出来ることをとても嬉しく思います。
また尊敬するピアニスト若林顕先生とのピアノ五重奏では、レスパスの世界がどの様に変化するのか、
私たちにとっても楽しみです。室内楽を好きな方は勿論、あまり馴染みのない方にも、ご満足頂ける内容となっております。
唯一無二の「レスパス-空間」で生み出される音色、一緒に楽しんでいただきたいと願います。

◆クラシック関連情報WEBサイト「クラシックニュース」で取り上げていただきました!
演奏会にかける意気込みなどをレスパス弦楽四重奏団メンバーが語っています。
http://classicnews.jp/c-news/2017/170307-0313.html#4

3.25(土)15:00開演(14:15開場)
全席指定 一般¥3,000  高校生以下¥500(当日要学生証など)
*未就学児不可
*団体割引(10名以上で10%引き)あり
*発売初日のチケットの窓口販売は9:00から、電話予約は13:00から。尚、窓口販売が優先。

♪好評発売中

 


▲ページの先頭へ
Copyright© 2011 狛江エコルマホール All Rights Reserved.